家の中でも日焼け止めを塗るほうが良いって本当?

紫外線はもちろん夏が一番強いですが、実は5月の紫外線量は7月や8月の紫外線量とさほど変わらず、残暑厳しい9月よりも多いと言われています。

また、最近はリモートワークや外出自粛の影響で、家にいることが多く、日焼け止めを使用する機会が少ないかもしれません。メイクをせずにすっぴんで過ごすことも多いでしょう。しかし、紫外線は家の中にも入ってきます。
日焼け止めは日差しを浴びる外出時のみ使用するアイテムではなく、日焼け対策の一環として、在宅時でも使用する方が望ましいのです。

年間の紫外線量 
紫外線は1年を通して地表に降り注ぎます。中でも最も紫外線量が多いのが7月8月です。夏のピーク時以外では、次いで5月が多く、9月よりも紫外線量が多いことがわかります。
紫外線の種類
紫外線は、波長の長さによって「UV-A」「UV-B」「UV-C」に分けられます。UV-Cはオゾン層に吸収されるため、地表には届きません。
一方UV-Aは、地表に降り注ぐ紫外線の90%を占め、肌の表面を突き進んで真皮にまで到達します。肌内部のコラーゲン繊維などを破壊し、しわたるみなどの原因になります。波長が長いため、家の中や車の中など、窓ガラスをも通過します。

UV-Bは、日焼けの原因となる紫外線です。たくさん浴びると赤く炎症を起こします。肌が赤くなって水ぶくれなどを起こす、いわゆる「日焼け」はこのUV-Bによるもので、一時的な日焼けでは済まず、その後シミそばかすの原因になります。

室内での日焼け対策
 
昨今、リモートワークや外出自粛の影響もあり、外出する機会が減ったため、日焼け止めをあまり使用しないという方も多いと思います。
しかし、先述の通り、紫外線(UV-A)は家の中まで到達してしまうため、家の中にいる時でも日焼け止めを使用するのがおすすめです。
といっても、家にいる時はどうしてもオフモードになりがちで、メイクをせずにすっぴんで過ごすということも多々あると思います。しかし、すっぴんはかなり無防備な状態と言えます。メイクの「バリア」がなく、直に紫外線を受けるからです。可能であれば、ベースメイクだけでもしたり、簡単な「おうちメイク」をしたり、もしメイクが面倒な場合は、最低限日焼け止めだけでも塗るようにしましょう。
日焼け止めの選び方

日焼け止めの効果を表す数値として、「SPF」と「PA」があります。SPFとPAに関しては、なんとなく理解をされている方が多いのではないでしょうか。

■SPF

日焼けの原因となってしまう「UV-B」を防御する力を示したもので、SPF1〜50と記され、50以上のものは50+で表記されます。紫外線は、肌に当たってから日焼けをしてしまうまで20分程度と言われています。(個人差はあります)SPFは、紫外線が肌に当たってから日焼けをするまでの時間を遅らせることができる目安の数値です。

例えばSPF30であれば、20分×30倍=600分、SPF50であれば、20分×50倍=1,000分遅らせることができるというイメージです。

 

■PA

肌内部のコラーゲン繊維などを破壊し、しわたるみなどの原因になってしまう「UV-A」の防止効果を表す目安の数値で、+、++、+++、++++の4段階に分かれています。

PA+:効果がある
PA++:かなり効果がある
PA+++:非常に効果がある
PA++++:極めて高い効果がある
と分類されます。

SPFの数値が高いと、その分肌への刺激は強いですが、最近ではSPF数値が高くても肌に優しい日焼け止めもあります。これから本格的な夏を迎えるにあたって、自分に合う日焼け止めを見つけておくのが良いかもしれませんね。
また、家の中にいる時に日焼け止めを使用する場合は、ぜひ「UV-A」の防止効果を表す「PA」の数値に着目して日焼け止めを選んでみてくださいね。