おでこが乾燥する…おでこに意外とみんな悩んでいた!粉ふき・カサカサ トラブル対策

2019-08-07更新

毎日の保湿ケアやスキンケアで、目尻・ほうれい線・頬などはしっかりするけど、おでこは簡単にパパッと済ませてしまっていたり、逆に皮脂が気になってゴシゴシと洗顔を念入りに行ってしまっていたりしていませんか?それが、おでこの乾燥につながっている可能性があります。

乾燥が酷くなってしまうとファンデーションのノリが悪くなったり、粉をふいたり、皮がむけたり、、、お肌のバリア機能が低下してしまいかゆみが発生したりと、だんだん潤いが失われることによってシワにつながってしまいます! 皆さんもご存知のように、おでこのシワは一度できてしまうと簡単には改善することこが難しいのでおでこの乾燥を防ぐお手入れはとっても大切なのです!

おでこの乾燥・カサカサ・粉ふきに、さようなら!潤い美肌になる方法

おでこの乾燥・カサカサ・粉ふきに、さようなら!潤い美肌になる方法

「でも、おでこって結構テカりがすごくてメイクした後も皮脂が浮いてくるよ?」

そう思う方が多いのは、おでこは皮脂腺が多いので気温や室温が上がり暑くなると汗が分泌されやすいためなのです。その為、肌が潤っているように思いがちなのです。ですが、肌の内側は汗をかく事によって水分量が減り汗が蒸発することによって さらに水分量が不足していて乾燥してしまっている場合があるのです。そのため、肌に必要な水分と油分をバランスよく補いながら肌の内部に水分をとどめられるスキンケアが大切です。

おでこの乾燥に重要なポイント、皮脂?皮脂腺?って

皮脂とは皮脂腺からの分泌物で皮ふの表面で汗と混ざりあい皮脂膜となって皮ふの表面を覆い水分の蒸散を防いでるものです。ですが、顔のTゾーン(おでこ・鼻・あご)は皮脂の分泌力が強く、毛穴がつまってしまうことがあります。

毛穴がつまってしまうと肌トラブルを起こしやすくなります。そのため、適切なケア(洗顔)でお肌を清潔に保ちながら保湿をするといった水分を保つケアが重要です。

皮脂腺は毛包(毛を包みこんでいる部分)とともにある器官で、血液から糖分など皮脂の成分となるものを取込んで皮脂を作り出しています。皮脂腺は毛の生えているところにはどこでもあり、顔の場合はTゾーン(おでこ・鼻・あご)に多くあります。手のひらや足の裏にはありません。

皮脂の分泌量は季節や年齢、環境で変化します。気温が高いと多くなり低いと少なくなります。思春期から分泌量が増え20代前半をピークに次第に減少し、女性は閉経後に減少傾向が強く皮脂の量が減ることで肌に水分を保つことが難しくなり乾燥肌になりやくなります。それが肌荒れやシワなど肌トラブルの原因につながります。

1.おでこの乾燥に優しい洗顔方法

おでこの乾燥に優しい洗顔方法

おでこは特にベタつくからといって洗浄力の強い洗顔料やクレンジングで念入りにゴシゴシと洗ってしまうのはNG! お肌の潤いに本来必要な皮脂まで洗浄されてしまい乾燥肌をまねいてしまいます。また、必要な皮脂が肌表面からなくっなってしまうと肌は皮脂を多く分泌して乾燥から守ろうとします、これがオイリー肌と呼ばれる状態で、パッと見や触った感じもギトギトしているのに肌の内側では実は乾燥してしまっている状態でインナードライ肌とも呼ばれています。

洗顔する際の泡

できるだけ洗浄力がマイルドな洗顔料やクレンジングを使用し、洗顔する時は泡をしっかり立てて(ホイップクリームのようにツノが立つぐらいに!) 肌を泡でなでるように優しく優しく、しっかりと泡立てた泡で“指や手のひらを感じないぐらい”の優しで洗うのがポイントです。

洗顔が終った後は、しっかりと泡を洗い流しましょう。この時、熱いお湯で流すのは絶対NGです!熱過ぎるお湯は肌にダメージを与え乾燥肌の原因となってしまいます、ぬるめのお湯で洗い流しましょう。忘れやすい生え際もしっかり流しましょう。

※シャンプーやトリートメントの際も、髪の毛の生え際やおでこにすすぎ残しがあると肌トラブルの元になるので、 すすぎはしっかりして、すすぎ残しが無いように気をつけましょう!

2.おでこの乾燥対策に、洗顔後はしっかり保湿ケアを

おでこの乾燥対策に、洗顔後はしっかり保湿ケアを

おでこの乾燥対策には、洗顔後できるだけ素早く保湿ケアをすることが大切です。

化粧水をつける時、頬につけたけ化粧水の残りで済ませていませんか?
おでこは面積が広いので頬につけた化粧水の残りでは足りていないかもしれません。

おでこにも化粧水をしっかりと浸透させましょう。足りないようであれば改めて化粧水を出しおでこにもきちんと化粧水をつけましょう。そして、化粧水の後は保湿クリームを塗り、せっかく入れた水分が蒸発しないようにすることが最も大切です。化粧水だけで終わらせてしまうと汗と同じようにだんだんと蒸発していき余計に乾燥がひどくなる可能性があります。

また、保湿クリームも化粧水と同じように他の部分の余りをおでこに塗るのではなく、おでこにも十分な量をしっかりと塗る事が大切です。

乾燥しらずのキレイな「おでこ」で素敵な笑顔!自信の持てる肌へ!

カサカサと乾燥していない、なめらかでしっとりした潤いあふれるおでこなら、アップスタイルの髪型や前髪をいろいろヘアアレンジしたりと楽しめますよね♪

ついつい他の部分のついでケアをしてしまいがちな「おでこ」。

自分もそうかも・・・と思った方は、今日からちょっとだけ「おでこ」も気をつけて保湿ケアしてみてください!ちょっとの変化が、あなたのお肌をきっと自信に変えていきますよ!

▼次に、こちらの記事がよく読まれています。

化粧水の使い方|正しく付けて、美しい肌を取り戻そう。