敏感肌もさようなら。トラブル知らずの春肌の作り方

春になると、冬の厳しい寒さから解放され、気持ちも明るくなります。化粧品も冬仕様のものから、春夏用に買い替えたくなるという方も多いのではないでしょうか。
しかし、春は何かと肌トラブルが起きやすいシーズン。寒暖の差が非常に激しく、肌が対応していくのも大変なのです。また、空気も実はひどく乾いている上に、花粉黄砂も飛んできます。
そして3月頃から日差しも徐々に強くなってきて、5月の紫外線量は一年で最も強いと言われているほどです。
 
 

なぜ春に肌トラブルが起きやすいのか?

上記のような春の気候に加え、肌はというと、依然冬の状態のままで乾ききっていて、バリア機能がかなり低下しているからです。春はシミやシワができやすい時期とも言えます。
このように、春の肌は悲鳴をあげている状態なのです。天気の良い日は肌がベタつくけど、寒空の日にはカサカサしてかゆく、赤みを帯びてしまうということもよくあります。
吹き出物ができたり、冬には目立たなかったシミが濃く見えてくるのは、環境の変化が大きく外部の刺激が増える春特有のトラブルなのです。

肌トラブルが起こっていると、やはり気分も下がりがちになります。「美しく健康な肌」は、人々の「生活の質」においてとても重要な部分であると言えます。毎日を健やかに楽しく過ごすためには、まずは肌トラブルを改善して「美しく健康な肌を作り上げること」であると言っても過言ではありません。
そのために行うこととして、朝のスキンケアから重要になってきます。そこで今日は、春のスキンケア方法をご紹介いたします。
 

春のスキンケア

春のスキンケアは洗顔からメイクに至るまで、丁寧に行う必要があります。肌の汚れを優しくしっかりと落とし、特に十分な保湿を心がけましょう。春になって肌がベタつくからといって、夏用のさっぱりタイプの基礎化粧品を選ぶというのも、この時期にはあまりおすすめできません。また、紫外線対策も忘れずに行う必要があります。
 
 
 【洗顔方法】春は外部からの様々な刺激により、お肌がとても敏感になっています。普段洗顔にはあまり気を使わないという人もいるかもしれませんが、実はお肌のコンディションを整える上で非常に大事なポイントなのです。
洗顔は、必要な油分を取り過ぎないよう潤いを保ちながらも、汚れはしっかりと落とす必要があります。肌が敏感になっている時には、低刺激性の洗顔料がおすすめです。
まず洗顔料を手にとったら、しっかりと泡立てましょう。そしてその泡で顔を包みこむように洗います。ゴシゴシと擦るのは絶対にしないでください。泡で汚れを浮かせてから、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。
 
余裕があれば、洗顔後にスチームしたタオルで顔を温めてあげるという方法があります。刺激のない柔らかい綿タオルを水でぬらし、500〜600wのレンジで30秒ほどチンするだけでできる温タオルです。くれぐれも火傷には注意して下さい。顔に当てても熱くない程度の適温の蒸気を顔に浴びせることで、血行がよくなって顔色も明るくなります。肌のターンオーバーを促し、シミの改善にもつながる効果が期待できます。その後の基礎化粧品の浸透力が高まるという点も嬉しいポイントです。なお、タオルで顔を温めた後はすぐにケアをするようにしましょう
  
【化粧水・乳液でしっかりと保湿】
洗顔後はすぐに化粧水をつけましょう。適量を手にとったら、手のひら全体で顔を包み込むようにつけていきます。化粧水は繰り返しつけすぎると、かえって肌の乾燥を悪化させてしまうので逆効果です。ミスト系の化粧水スプレーを頻繁に顔に吹きかけるという行為も肌の乾きを促進させてしまいます。水分を与えたらそのままにせず、保湿クリームなどでしっかりフタをするということが大切なのです。
 
 
化粧水の後は、乳液で水分を閉じ込めてコンディションを整えます。顔のリンパに沿って、優しくマッサージするように塗りましょう。ここでも強くこするのはNGです。フェイスラインから耳の後ろを通して首に流してあげます。首は年齢が出やすい部分でもあるので、そのまま首にも塗ってケアをするのもおすすめです。UVカット効果のある乳液もあります。
ニキビ肌の人は、過剰の油分で悪化してしまうことがあるので、乳液の使用はお肌に合わせて調整をしてください。乳液を省いて、UVカットの化粧下地をつけるのも良いと思います。
 
【美容液で肌年齢を若くする努力】
年齢を重ねるにつれて、美容液も必須アイテムになってきます。自分の肌状態に合わせた美容液を選択しましょう。
加齢によるシワやほうれい線といった「肌のたるみ」が気になるのか、「美白」を重視するのか、さまざまな美容液があるので、ご自身に合ったものを選ぶようにしましょう。
美容液は原則、化粧水の後に使用します。基礎化粧品にはそれぞれが果たす役割があるため、下記のように塗る順番はしっかりと守ることが大切です。
 
例:① 化粧水 → ② 美容液(美白美容液)→ ③ 乳液→ ④ 保湿クリーム
 
②や③を使用していなければ、もちろん順番をとばしてOKです。
 
【化粧下地でUV対策を】
強い日差しから肌を守るためにも、これからの時期は特にUVケアを忘れずに行うようにしましょう。
ほとんどの化粧下地でUVカットができるので、特にシミができやすい所には重ねづけをして下さい。また、その日の外出場所時間によって、SPF数値を参考に使い分けるようにしましょう。短時間の買い物などのときはSPF10~20、PA+程度のものでも大丈夫です。強力なUVカットのものを年中使用すると肌に負担をかけてしまいがちですが、最近ではSPF数値が高いものでも非常に低刺激なものもあるので、是非チェックしてみてください。
 
【ファンデーションで更にUVケアを】
可能であればファンデーションもUVカットができるものを使いましょう。お肌に潤いを与える美容液入りタイプのリキッドファンデーションもあります。しかしニキビ過剰な皮脂が気になる人には軽めの粉タイプがおすすめです。肌への過度な負担は避けましょう。
 
このように、朝のお手入れを丁寧に行うことで、変化の激しいこの季節に負けない肌を作ることが可能です。肌の調子は日に日に変化するので、よく状態を把握して化粧品を使い分けるようにしましょう。
 
 

春の夜のケア

 
続いて春の夜のお手入れ方法です。一日頑張った肌を優しくケアしてあげましょう。
 
夜はクレンジングから。クレンジングも洗顔と同様にとても大切です。春は皮脂花粉黄砂などで肌が非常に汚れています。UVケア、ファンデーションと一緒に優しく浮かせて取り除きましょう。決して肌を強くこすらないで下さい。
 
クレンジングも様々なタイプがあります。敏感肌の人は、肌への負担が少ないミルクタイプがおすすめです。ファンデーションを使用しているなら、クリーム・バームタイプもおすすめです。
オイルタイプのクレンジングは、洗浄力が高いですが、肌にはとても負担がかかります。ニキビ肌や、潤いが不足している時は極力使用を控えましょう。
クリームタイプは、お肌の潤いを守ってくれるので誰でも使いやすいタイプです。シート状の拭き取りタイプのクレンジングもあります。旅行時などに携帯するのは便利ですが、肌にかなり刺激を与えるので普段使いは避けた方が無難です。
 
クレンジングだけではまだ汚れが付着しています。しっかりと泡立てた洗顔でキレイに洗いましょう。朝と同様に、ぬるま湯でこすらないように行います。熱いお湯は必要な潤いまで奪ってしまい、シワシミの原因にもつながるので避けてください。

クレンジングを行う際のポイント

 
クレンジングと洗顔は、入浴中に行うという方も多いと思います。蒸気で毛穴が開き、汚れも浮きやすくなるので悪くはないのですが、その際に気をつけたいのが、タイミングです。
濡れた手で行えないクレンジングだからといって、入浴後すぐにクレンジングをしてしまうと、入浴後のケアをするまでのタイムラグが長くなってしまいます。
ですので、クレンジングと洗顔を入浴中に行うとすれば、一番最後に行うのがポイントです。
 
入浴後はなるべく早めに、できれば3分以内に化粧水をしっかりとつけましょう。ゆっくりしているとみるみるうちに肌が乾燥していくので、時間が勝負になります。入浴後はゆっくりくつろぎたい気持ちも分かりますが、先に必要なケアを行うようにしましょう。
美容液、乳液を使用するという方は重ねてつけましょう。その他乾燥が気になる箇所にはパックなどを行うのも効果的です。
 
そして最後は保湿クリームでしっかりフタをしてあげることが大切です。入浴後は、顔に化粧水だけを塗ってそのままにしているという方もいるかもしれませんが、化粧水を塗ってそのままにしておくと、かえって乾燥の原因になります。美顔スチーマーやミストを使用する際も同様です。これらは単なる「」にすぎないので、蒸発する際にもともと肌表面に存在している水分までも奪ってしまうのです。
面倒かもしれませんが、最後は保湿クリームをしっかり塗ってあげることがとても大切です
 
 
肌は、お手入れ次第で確実に変化します。春は新生活がスタートしたり、新しい出会いがあったりと、取り巻く環境も大きく変化する時期です。
スキンケアを丁寧に行い、自信を持って、爽やかな春をアクティブに行動できるようになりたいものです。
 
 

今すぐ試す!超低刺激・高保湿クリーム【ROVECTIN】はこちら

  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 超低刺激・高保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー