意外と知らない「ムダ毛処理」後のケア

まだまだ暑い日が続き、肌の露出が多い服を着る機会も多いと思います。そんな季節に欠かせないのが「ムダ毛処理」です。最近では医療機関脱毛サロン等でムダ毛処理を行う方も多くなってきましたが、高い費用や行く手間もかかるため、ご自身でムダ毛処理を行う方もまだまだ多いのではないでしょうか。しかし、ムダ毛処理を行った後にしっかり保湿ケアをしなければ、肌トラブルの原因になってしまいます。せっかく肌をきれいにしたいと思って脱毛したのに、肌が荒れてしまっては意味がありません。夏でも肌が乾燥することは十分あるので、日頃から保湿ケアを行うようにし、脱毛や除毛後は特にしっかりと行う必要があります。

 

夏に肌が乾燥するわけ

夏に肌が乾燥するとはどういうことか、ピンとこない人もいると思います。「乾燥」といえば冬のイメージが強いからです。夏に肌が乾燥する原因としては、紫外線エアコンなどがあります。当たり前のように、紫外線は冬に比べて夏のほうが強いです。しかも紫外線には肌のバリア機能を壊してしまう作用があります。バリアが壊されれば肌の中の水分も奪われてしまい、乾燥につながります。
特に夏場はレジャー等で長時間にわたって屋外にいたり、反対にエアコンの効いた部屋に長時間いることも多いと思います。エアコンは空気を乾燥させるので、肌も乾燥します。また、夏は汗をかくのでいつも以上に顔や体を洗ってしまいがちですが、洗いすぎも肌のバリア機能を低下させるので乾燥の原因になります。かといって汗をかいたまま放っておくと、汗が蒸発する際にもともと肌表面に存在している水分までも奪ってしまうため、かえって乾燥してしまうことがあります。
また、高温による脱水から乾燥を招くこともあります。

このように、「乾燥」を連想しづらい夏にも、乾燥を引き起こす原因がたくさん潜んでいるのです。

脱毛や除毛した後は特に、肌に紫外線が直接当たりやすくなるので、乾燥もよりしやすい状態といえます。

肌が乾燥していると人間の体は反応し、これ以上水分が逃げないようにフタをしようとします。フタは皮脂でできているため、結果的にベタベタとしてしまいます。さらには体の中は水分が少ない状態で、この状態をインナードライといいます。冬場より乾燥の状態が分かりにくいので、ある意味夏場の乾燥のほうが怖いのです。

 

ムダ毛処理後のケア

どんな脱毛・除毛方法でも、その後はただでさえ乾燥しやすい状態になります。肌が乾燥した状態ではいろいろな肌のトラブルを引き起こします
例えば、カミソリや毛抜きでの自己処理後、赤いポツポツができたり、皮膚が痒くなった経験がある人も多いのではないでしょうか。これはカミソリ負けや毛抜きによって炎症を起こしたことが原因です。乾燥をした肌は炎症を引き起こしやすいです。そのため、脱毛後のケアはとても重要です。除毛前に専用のクリームを塗って行った後も、しっかり肌を保湿していきましょう。特に太い毛では毛穴のダメージも多いのでしっかり行うことが大切です。

医療機関での脱毛を行っている方、脱毛サロンで行っている方もアフターケアはとても重要です。熱を持った機械で脱毛をしていくので、脱毛後もケアが必要です。脱毛後に簡単な保湿ケアを行ってくれるところも多いと思いますが、家に帰った後も自分で保湿をしたり、チェックをしましょう。医療機関やサロンに関しては専門のスタッフがいるので、その脱毛方法にあったアフターケアの方法を聞くと良いと思います。

乾燥を防ぐためにも、脱毛や除毛後のケアは基本的にしっかり保湿の出来るクリーム乳液ローションを塗りましょう。刺激の強いものは避けてください。ベビーローションも肌に優しいので良いと思います。

なぜ「保湿」が必要なのか

なぜ「乾燥」が肌に悪い影響を与えるのでしょうか。また、なぜ脱毛や除毛後に保湿クリームがいいのでしょうか。乾燥が肌に及ぼす影響がどんなものか詳しく知らない方もいらっしゃると思います。また保湿クリームの効果についても知っているようで知らないことがたくさんあります。

保湿クリームの効果

まず保湿クリームは肌に潤いを与える効果があります。これが一般的にイメージする保湿クリームの効果ではないでしょうか。しかし保湿クリームの種類によっては、炎症を抑える効果がある成分を含んでいたり、バリア機能を高めるもの、さらには毛穴を引き締める効果があるものも存在します。また肌にフタをする役割があるので、外部刺激から肌を守ったり、フタをすることで肌の中の成分、水分を保つことができます。また新しい肌を促進させる役割を果たすものまであります。

脱毛をすると、水分や肌に必要な成分も一緒になくなってしまいます。これも肌のバリア機能を低下させるので、乾燥の原因になります。また、肌を保護するものが失われているため、毛穴から細菌が入りやすい状態となり、肌荒れニキビができやすい状態になります。さらには肌の機能が下がることで、肌の生まれ変わりも遅くなり、肌の老化にもつながってしまうことがあります。そのため脱毛や除毛後はいつも以上に肌への負担が大きい状態なので、徹底して保湿クリームを塗る必要があるのです。このことを理解すれば、夏でも保湿クリームが必要な理由が分かると思います。

 

保湿クリームの選び方

保湿クリームは世の中に数多く存在します。乾燥がひどい人高浸透かつ高保湿のものを使うと良いでしょう。黒ずみ色素沈着が気になる人は美容成分の入ったもの、カミソリ負けが気になる人は抗炎症作用の成分が入ったものを使うといいかもしれません。自分に合った保湿クリームを選ぶようにしましょう。乾燥しやすい人は、乾燥が気になる時に何度も保湿クリームを塗ったほうが良いですが、塗りすぎると、かえって摩擦による肌荒れやニキビの原因にもなることもあるので注意しましょう。あまり肌に負担を与えず、手で伸ばしながらやさしく塗っていきましょう。夏はベタベタするのが気になる人もいます。ストレスにならないよう、ベタベタになりにくいタイプの保湿クリームを選んでみてはいかがでしょうか。

驚くほどサラサラ!ロベクチン プレミアムクリーム&ローションはコチラ

 

デリケートゾーンの肌は、足や腕に比べると皮膚が弱いです。しかし、夏場は特に海やプールの時期なので、デリケートゾーンのムダ毛処理をする人も多いと思います。その場合もしっかり保湿をし、乾燥を防ぎ肌の調子を整える必要があります。
さらに、汗をかくと水分が逃げてしまうため、水分が逃げないように皮脂が出てきます。デリケートゾーンは見える場所ではないですが、放っておくとかゆみが出たり荒れたりしてしまうこともあります。少しでもそんな状態を避けるため、保湿クリームでのケアとともにゆったりとした下着を選ぶようにしましょう。脱毛した部位が下着との摩擦によって、かゆみ炎症を引き起こす原因となってしまうことがあります。汗をかきやすい人は、きつい衣類は避けるようにしましょう。また、家にいるときはできる限りゆったりした通気性のいい衣類を選ぶようにしましょう。

 

一度肌が荒れるとなかなか治すのが大変です。せっかく脱毛をしてきれいな肌を手に入れるのであれば、面倒だと思わず、ひと手間かけて保湿をしていきましょう。一見すると、「」と「保湿」というキーワードはピンとこないかもしれませんが、親密につながっています。脱毛方法はいろいろありますが、共通して言えるのは、「必ず肌が乾燥する」ということです。保湿クリームを塗ることで、体が皮脂を出そうとすることも減るため、変にベタベタもせず、むしろ快適かつ爽やかに保ることができます。皮脂はニオイのもとともなりやすいので、エチケットとしてもムダ毛処理後の保湿を定着させるといいでしょう。

 

今すぐ試す!超低刺激・高保湿クリーム【ROVECTIN】はこちら

  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 超低刺激・高保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー