¥6,000円以上のご購入で送料無料

知って納得!今日から実践!

保湿クリーム。効果的な使い方とは?

毎日のスキンケアで使う保湿クリーム。効果的な使い方を意識したことはありますか?
とりあえず塗っておけば保湿になるかな、順番に塗ればいいかな、と作業の一つになっていませんか?
保湿クリームと他のスキンケア用品の使い方次第では効果を弱めてしまったり、逆に効果を高める可能性があります。

洗顔後のスキンケアは多くは化粧水、乳液・美容液、保湿クリームの順に使われます。
それぞれの役割は順に水分補給、栄養補給、そして油分で蓋をするとなっています。

ここで保湿クリームの役割ですが、保湿を全て担っているというわけではありません。あくまで一番最後に効果を発揮するお肌に浸透した水分が逃げないように蓋をする役割を担っているのです。ですので保湿クリームを塗る前に必ず化粧水でしっかりと保湿をしておかなければお肌に水分が補給されません。

洗顔後などお肌がつっぱる感じがするからとりあえず保湿クリームを最初に塗ろうとすると、それは水分の減った所にただ蓋をしただけの状態になります。その時は潤ったように感じますがお肌の内側では水分不足の状態が続き、根本的なケアにはなりません。
化粧水でしっかり水分や栄養を浸透させて保湿クリームで蓋をするという順番を守ることで乾燥対策、保湿ケアの効果が高まります。この順番を守ることが保湿クリームだけでなく全てのスキンケア用品を効果的に使うことだと言えます。

また、どのようなスキンケア用品でも使用量が極端に少なかったり多かったりすると効果が現れません。
商品やお肌の状態によっても必要な量は変わってきます。商品の使用方法をよく読んで適量を塗るようにしましょう。

スキンケア用品は迷うほどたくさんの商品があります。その中から自分に合ったものを選ぶのは大変なことですが、つかい方や順番を一つ意識するだけでもそれぞれの効果を最大限に引き出すことができます。一緒に使うことの意味、それぞれの役割もあることを覚えておいてください。

ただ蓋をするだけではなくなった保湿クリーム

最近では保湿クリームにも水分補給ができるタイプのもの美容成分が配合されているものなど、ただ蓋をする効果だけではないものも多く出てきました。しかし保湿クリームだけでケアできるものではありません。それぞれのスキンケア用品に長所も短所もあります。保湿クリームだけでは水分補給も栄養補給も十分にはできません。それぞれの長所を活かし短所を補い自分だけのスペシャルケアを見つけて、トラブルの少ない健康的な美肌を目指しましょう。

▼ロベクチンプレミアムクリーム50mL

肌が内側から"うるおう"豊富な美容成分配合でエイジングケアにも最適。医療現場での使用を目的に開発されため超低刺激・敏感肌対応の高保湿クリーム ロベクチン

特別お試し20%OFFはこちら