[期間限定]クレジットカード決済5%還元のお知らせ >

5,000円以上のご購入で送料無料

保湿クリームは夜だけ!?

保湿クリーム、寝る前に付けるものと思ってません?

保湿クリームは顔用、体用と用途別に販売されていますが、どちらも洗顔後、入浴後の清潔なお肌に使用しましょう。顔用の保湿クリームは「スキンケアするのもしんどい」という時のスキンケア用品にもなります。

また、スペシャルパックとして週に1回保湿クリームをたっぷりと塗ったパックもお肌の疲労回復と血行促進にとても有効です。普通のパックよりも値段が安く、小まめに行うことができるのも、このパックの大きなメリットのひとつです。しかし生理前や生理中はお肌が敏感なので注意しましょう。

体用の保湿クリームは、基本的に乾燥の特に気になる部分に塗るようにします。

美白効果のある保湿クリームの場合は、肘や膝など、黒ずみの気になる部分に多めに塗り込むようにしましょう。

また、リンパマッサージ用として使用するのも大変効果的です。

お肌の摩擦ダメージを抑えつつ、保湿とリンパマッサージを同時に行えるため、継続すればむくみ知らずのしっとり美肌になります。

体用の保湿クリームは香りも豊富なので、好きな香りでリラックスすることも視野に入れて購入するようにしましょう。でも、フルーツ系の香りなどは小さなお子さんやペットのいるご家庭では、誤飲されないように気を付けて管理しましょう。

保管するときは、高温多湿の場所に保管することは控えましょう。日射しが当たらない低温の場所で保管するようにしてください。

顔用、体用、ともにお風呂から上がってから使用することが基本ですが、朝の洗顔時などもお肌は乾燥していくのでしっかりと保湿クリームでお肌に『フタ』をすることが重要です!また、メイクの前に塗るとお肌が均一になりメイクのりがよくなったりメイク持ちがよくなるといった効果もあります。(※保湿クリームの硬さにもよります。)

また、最近は仕事場などで常にエアコンが付いていることも多いと思いますがエアコンはとっても乾燥します、その乾燥した空気の中にいるともちろんお肌の水分もどんどん奪われていくので保湿クリームでしっかりとガードすることをお勧めします。保湿クリームを使って朝・昼・晩とお肌をしっかり守ってあげましょう。

お風呂上りのすっきりとした顔と体に保湿クリームを塗って、自分の心と体にご褒美をあげてからぐっすりと眠り、ストレスをうまくコントロールしましょう。