夏の肌荒れは必然だった!?その原因と簡単対策法

夏は心身ともに開放的になる季節ですね!
しかしせっかくの楽しい季節も肌荒れがあるとなんだか憂鬱。。
規則正しい生活をしているのに、なぜか治らない肌荒れ。
その理由は、夏は肌荒れを起こしやすい原因がたくさん身近に潜んでいるからです。
ではその原因と対策を見ていきましょう。
 
 
夏は外に出るとをかき、紫外線を浴び、電車内や室内はエアコンで乾燥し、
肌にとってはかなり負担のかかる季節です
 
・夏になるといつも肌荒れを起こしてしまう。。
・肌がかゆくなる。。
・すぐにテカってしまう。。
・そして秋冬はもっと乾燥が酷くなる。。

これらに1つでも該当する方は、「夏の肌ケア」がしっかりできていないからかもしれません。

 

夏の肌荒れの原因は「乾燥」?

乾燥」といえば冬を連想しますよね。夏は肌はべたつきがちになるため、乾燥というイメージはあまりないと思います。
しかし夏は肌が乾燥する原因がたくさん潜んでいます。
夏に肌が乾燥する原因、肌荒れを起こす原因はいくつかあります。

1. 汗をかくことによる乾燥

夏は汗をかきやすいです。かいた汗は蒸発するときに、肌にもともと存在する水分まで一緒に奪って蒸発してしまうため、肌表面はベタついていても、肌内部はとても乾燥している状態なのです。
また、汗を拭くときにハンカチやタオルで擦ってしまうことにより、その摩擦で肌に刺激を与えてしまいます。
他にも、汗をかいた後しっかり拭かずに放置してしまうことで、バリア機能が低下し、かゆみの原因になったり、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまい、肌荒れニキビ等の原因になってしまいます。

2. エアコンによる乾燥

外は暑くても、電車内や室内はエアコンが効いていることが多いです。
エアコンの風は肌を乾燥させます。また、汗をかいたままエアコンの風を浴びることももちろん乾燥の原因になります。
直接風を浴びていないとしても、エアコンをつけると湿度自体が下がるため、肌が自ら乾燥を防ごうと、皮脂を分泌します
そのため、一見肌表面は乾燥していないように感じます。俗にいうインナードライです。
またその皮脂を拭おうと、油取り紙やティッシュで肌を擦ると、汗を拭うときと同様に肌を刺激し、肌荒れ等を起こす原因にもなってしまいます。

3. 紫外線による乾燥

夏の紫外線は、冬の3倍程度もあります。
微量な紫外線だとしても、紫外線は肌の内部に侵入します。紫外線を繰り返し浴びていると、肌は内部への侵入を防ごうとし、余分な角質が肌に滞り、皮膚が分厚くなってゴワつきます
一方、肌のバリア機能は低下し、水分が逃げやすい状態になってしまうため、乾燥し、悪循環に陥ります
また紫外線はシミの原因、コラーゲンの減少やエラスチンの破壊等によるハリ肌弾力の低下、シワの原因にもなります。

4. 日焼け止めによる乾燥

紫外線対策に「日焼け止め」を使用されている方は多いと思います。
しかしこの日焼け止め、紫外線を遮断することはできたとしても、刺激の強い成分が含まれていて、肌への負担が大きければ、肌を痛めたりニキビの原因になることがあります。
ですので、肌へのダメージが大きいとされる「紫外線吸収剤」が使われているものはなるべく避けるのが良いでしょう。
紫外線吸収剤は、その名の通り紫外線を吸収し、化学反応によって熱などに変換して放出するはたらきがあります。
しかし、この化学反応の際に細胞を酸化させてしまうため、肌のバリア機能が低下し、乾燥の原因になってしまうのです。
 
おすすめは、肌へのダメージが少ない「紫外線錯乱剤」を使用しているものです。
インターネットで購入する場合等は、「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤フリー」などと書かれたものを選ぶようにしましょう。
 
 

【紫外線吸収剤】と【紫外線錯乱剤】の比較

 
紫外線錯乱剤を使用した日焼け止めは、肌への負担が少ないメリットはありますが、使用感が悪いという意見が多いのも事実です。しかし最近では使用感の良い紫外線錯乱剤の日焼け止めも存在します。
 
これらのことからわかるように、夏でも「乾燥」を引き起こす原因は常に私たちの近くに潜んでおり、その乾燥が肌荒れ肌トラブルを招く引き金になってしまっている可能性があるということです。
夏だからと油断せず、しっかり乾燥から肌を守りましょう。
 

 

簡単!夏の乾燥から肌を守る対策

汗・エアコン・紫外線・日焼け止めが肌を乾燥させる主な原因であるということはわかりました。でも夏の季節にこれらを避けて生活することは不可能です。
では一体どうすればいいのでしょうか。今日から簡単にできる乾燥対策をいくつかご紹介します。

①しっかり洗顔を行う

特に女性に多いのが、夜はメイクを落とすため、そのついでに洗顔フォームでしっかり洗顔するけれど、朝は水のみで洗顔している方が多いということです。
汗をかきにくい冬場はそれで良いかもしれませんが、夏場は就寝中にも汗をかきます
健康な成人の場合、一晩でコップ1杯〜1.5配分の汗をかくといいます。
 
つまり、朝、洗顔フォームや洗顔石鹸を使って洗顔しないということは、就寝中にかいた汗をきれいに落とせていないということです。
夏場は朝もしっかり洗顔フォームや洗顔石鹸を使って洗顔をするようにしましょう。
ただし、洗い過ぎは禁物です。洗顔をしすぎて必要な皮脂まで取ってしまうと、肌は自らを守ろうとして余計に皮脂を分泌します。
また、洗いすぎることで角質層を刺激し、成熟していない角質層まで剥がしてしまうと、未熟な角質が肌表面に露出し、バリア機能が弱まってしまいます

1日に3回4回と洗顔するのではなく、1日2回、きめ細かい泡洗顔をやさしく丁寧に行うことが大切です。

②汗をかいたらこまめに拭く

先述の通り、かいた汗は蒸発するときに、もともと肌に存在する水分まで一緒に奪って蒸発してしまうため、余計に肌が乾燥します
汗をかいたときは、柔らかいハンカチやタオルですぐに拭き取るようにしましょう。その際、決してこすらず、優しく押し当てるようにして拭き取るのがポイントです。

③保湿を徹底する

朝晩の洗顔後や入浴後には、保湿クリームをしっかり塗って、保湿を徹底するということです。
暑いからベタベタしたくない。そんな理由から、夏場は化粧水だけを塗ってスキンケアを終了していませんか?
化粧水は「」です。水は蒸発します。何度も言いますが、水は蒸発するときに、もともと肌に存在する水分まで一緒に蒸発してしまいます。そしてより乾燥してしまいます。
化粧水や乳液を塗った後には、必ず保湿クリームで「フタ」をしましょう。
 
夏の入浴後にベタベタするものは塗りたくない!
そんな方は、できる限りベタつきのないさっぱりとしたクリームを選んでみましょう。
ただフタをするだけではもったいないので、セラミド入りの保湿クリームを使用することで、バリア機能を高めることができます。
 
夏の肌を守る対策は、今日から簡単にできることばかりです。汗をかくのも、紫外線を浴びるのも、エアコンの効いた室内にいるのも、夏を過ごす上で避けては通れないものです
つまり、【肌にとってダメージの大きいものがたくさん潜んでいる夏】というのは、常に乾燥肌荒れしやすい環境だということです。

規則正しい生活をしているのに肌荒れが治らないのはなぜだろう。。

 
それは、たとえ生活リズムを整えたとしても、しっかりとした肌ケアを行わない限り、夏が乾燥しやすい環境である以上、肌が荒れるのは偶然ではなく必然だからです。
だからこそ、肌荒れを起こさないケアを毎日コツコツ行っていくことが大切なのです。
 
この夏、しっかりとした肌ケアを行い、夏の肌と上手く付き合うことで、秋冬になる頃にはいつもと違う肌に出会えるかもしれません。
 

夏の肌ケアに、ベタつかない保湿クリーム初回お試し!返金保証+送料無料!
今すぐ試したい!セラミド入り超低刺激・高保湿クリーム【ロベクチン】はこちら

  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 超低刺激・高保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー