【必見!】夏の肌ケア次第で、秋冬の肌が決まる!

夏も本格化を増し、お盆休みなどを利用してレジャーに出かけた方も多いのではないでしょうか。楽しいレジャーとともに気をつけたいのが「夏の肌ケア」です。
夏は冬に比べて気温も湿度も高く、また汗をかくため身体はベタつきがちで、保湿などのケアを怠りがちですが、夏は「エアコン」「大量の紫外線」「」と、肌にとってはとてつもなく大きな負担がかかる季節です。夏に負った肌ダメージをしっかりケアするかしないかで、秋冬には大きな差となって現れます。

そんな夏の肌ケアをもう一度見直してみましょう。

夏の乾燥肌の原因

夏は汗をかいてベタついたり、テカりなどが起こりやすいため、肌はうるおっているような気がしますが、実は乾燥しやすい季節なのです。

夏の肌が乾燥する主な原因は、紫外線冷房による空気の乾燥にあります。

紫外線による乾燥

紫外線がシミくすみを引き起こす原因となることはよく知られていますが、実は乾燥の大きな原因でもあるのです。紫外線によって肌が傷ついてしまうと、細胞内の水分を保つ成分が減少し、肌の水分量が低下してしまいます。紫外線をわずかに浴びただけでも肌の水分量は少なからず減少します。

水分が少なくなった肌というのは、防御機能が低下し、紫外線をはじき返すことができず、結果、肌内部にダメージを広げて乾燥を悪化させてしまうのです。

冷房による乾燥

次に冷房による乾燥です。冷房が効いた場所で過ごす時間が増える夏。冷房によって乾燥した室内に長時間いることで、肌の水分量は大きく減少します。さらに体が冷えることで血行不良を引き起こし、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことで、肌が新しく生まれ変わることを言います。このターンオーバーが乱れると、乾燥の他に、肌のくすみしみしわ肌荒れなど、肌にとって大敵と言える問題に拍車をかけてしまうことになりかねます。

よって、夏は想像以上に乾燥を招くため、十分な「保湿」が必要なのです。

 

化粧水を塗るだけではダメなのか?

たまに「化粧水を塗っているから保湿は完璧」という方がいらっしゃいますが、化粧水での肌への水分補給はあくまで一時的なもので、残念ながら肌の水分保持力を高めるという意味での本当の保湿にはなりません。 中には保湿も若干できる化粧水もあるかもしれませんが、肌の水分保持力を高める成分をバランスよく与えつつ、肌表面にバリアを作って水分蒸散を防ぐことが大切なため、化粧水だけではなく、保湿クリームが必要なのです。

 

紫外線対策の基本

次に紫外線対策についてです。オゾン層の破壊(減少)によって、数年前に比べると紫外線が直に当たりやすくなったということが数年前からテレビでもよく報道されています。

年々、地表に降り注ぐ紫外線量は増加しているようです。

そこで気をつけなければいけないのが「紫外線対策」です。日焼け止めはもちろんのこと、プラス、日傘や帽子、サングラスなどで紫外線対策をされているかと思います。

しかしながら、日焼け止めを塗ったから安心、日傘をさしているから安心という訳ではありません。例えば、普段ちょっとした外出で使用しているSPFの弱い日焼け止めを、炎天下に長時間いる海などで同じように使用していては、もちろん十分な効果を得ることができません。まったく紫外線対策をしないよりは、少なからず対策をした方が絶対にいいですし、効果もあります。しかし、肝心なのはTPOに応じた「紫外線対策」です。

 

日焼け止めを塗る時のワンポイント

日焼け止めを塗る時は、SPFやPAの数値を参考にして、行く先々の状況日に当たる時間などを考慮して塗ることが大切ですが、ポイントとして、日焼け止めを塗る前に保湿クリームを塗ることをおすすめします。

この時重要なのは「塗る順番」です。

日焼け止めを塗ってから保湿クリームを塗ると、日焼け止めでブロックされた肌に保湿クリームが浸透しません。そもそも日焼け止めは紫外線をブロックし、メラニンの形成を防ぐものです。

保湿クリームはその名の通り、肌を保湿するものですので、「保湿クリーム」→「日焼け止め」の順番に塗るのが良いです。

保湿クリームで紫外線対策

保湿クリームで紫外線対策なんてできるのか?と思うかもしれませんが、意外と「保湿」が紫外線対策には重要となるのです。

肌には水分の蒸発を防いだり、外部刺激から肌を守るバリア機能があります。紫外線もこの外部刺激にあたります。バリア機能は「皮脂」「天然保湿因子」「セラミド」などで形成されています。しかしこれらの成分が不足すると、バリア機能に隙間ができて弱まり、外部からの刺激を受けやすくなってしまいます

さらに日本人の特徴である凹凸の少ない顔は、彫りの深い欧米人とは違い、顔全体に紫外線を浴びやすいと言います。欧米人の場合、彫りが深いため、太陽が上から当たっても目や目の周りに影ができやすいのですが、凹凸の少ない日本人の場合、目や目の周りにも太陽の光が直に当たりやすいのです。目の周りは特に皮膚が薄くデリケートなため、紫外線によってしみしわ乾燥を引き起こしやすい部位でもあります。ですので、よりしっかり保湿をすることが大切です。

一見、紫外線対策とは関係のないような保湿。でも実は、しっかり保湿をしてバリア機能を高め、外部刺激を受けにくい肌を作ることが紫外線対策の一つとしてとても重要なのです。

 

日焼けをしてしまったら

日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりしていても、もちろん日に焼けてしまうことはあります。海などでは日焼け止めが欠かせませんが、水に濡れたり、汗をかくと取れてしまうものが多いため、本当は濡れた後に都度塗り直すか、2〜3時間毎に塗り直しが必要です。塗ったつもりでいても、いつの間にか落ちてしまっていて、気づけば日焼けをしてしまっていたというのはよくあることです。

そんな「日焼け後のケア」として知っておきたいポイントをご紹介します。

日焼けは「ヤケド」

赤くならずに黒くなる人はまだましですが、赤くなるタイプの人は要注意です。家に帰ったらとりあえず火照った顔や身体にパックをしておしまいという方が多いのではないでしょうか。これ、必ずしも正しいケアとは言えないのです。

日焼けはヤケドです。パックでとりあえずうるおいを与えて、一命を取り留めたと安心しきっていてはいけないのです。日焼け後はまず冷やすことが大切です。保冷剤などをハンカチに包んで患部に当てたり、冷水で冷やして、熱をできる限り取り除くことが先決です。パックはその後で構いません。

刺激を避ける

日焼け後の肌はバリア機能が失われています。そこに何の迷いもなく化粧水等を塗りたくったり、洗顔料を使って洗顔をすると、肌に成分がしみてヒリヒリしたり、ひどい場合は炎症を起こしてしまうこともあります。

化粧水を使用する場合は、なるべく刺激の少ないもの、洗顔は水だけで行うのがおすすめです。大切なのは「肌を鎮静させる」ことです。

保湿

赤みや熱が引いたら必ず保湿をしましょう。肌のバリアは失われ、傷つき、とても敏感な状態になっているので、できる限り刺激の少ないものや、保湿力に優れているもの、無添加のものを選ぶと良いでしょう。

セラミドなど、肌のバリア機能を回復させる成分が入っているもの、また、アロエベラなど、ヤケドに対して鎮静効果・抗炎症作用の高い成分が入っているものを使用するのがおすすめです。

 

おまけ

ここまで夏の肌ケアに関して紹介しましたが、ケアというのはこのようにダメージを受けたときだけではなく、また、肌に何かを塗ったりするということだけでもありません。毎日の生活の中にも気をつけたいポイントがあります。そこで、普段何気なくやってしまいそうなNG集をご紹介します。

 

熱めのお風呂に入る

この時期はまだ少ないかもしれませんが、ついつい熱めのお風呂に入って代謝を上げて、汗をかいてデトックスなんてことをやってしまう方もいるかと思います。しかし、肌の内部にあるセラミドは熱いお湯に長時間つかったり、熱いシャワーを浴びると機能が壊れてしまうデリケートな保湿成分なのです

入浴は38℃程度のお湯でゆっくりつかるようにしましょう。

 

顔や体をゴシゴシ洗う

これもついやってしまいがちです。汗をかいた日なんかは特に、いつも以上に顔や体をゴシゴシ洗ってしまっているのではないでしょうか。ゴシゴシ洗いは肌に負担がかかり乾燥肌の原因になります

極力洗顔料やボディーソープで泡を作り、優しく洗いましょう。

 

長いクレンジング

メイクを落とすクレンジング。ついつい丁寧にゆっくり時間をかけてやりたくなりますが、ご存知のようにクレンジングの洗浄力は強力です。長時間のクレンジングは肌の保湿成分まで洗い流してしまう可能性があるのです。細かく言うと、メイクの濃い日、薄い日などでクレンジングを使い分けるのが理想です。そして、なるべく1分以内で済ますようにしましょう。

 

入浴後の休息

入浴後、この時期は特に暑いですが、何もケアをしないままだらけていませんか?入浴後は肌に水分をたっぷりと含んでいるので、そのまま自然乾燥させるのはもったいないのです。さらに水分が肌に残ったまま放置していると、その水分が蒸発すると同時に、もともと肌に存在している水分まで奪い取って蒸発してしまいます

保湿は軽く水分が残っている状態で行うのがベストです。入浴後は優しく身体の水分を拭き取り、すぐに保湿をするようにしましょう。

 

長時間のパック

入浴後にマスクパック等をする方も多いと思いますが、パックがもったいないからといって長時間つけていませんか?マスクが乾燥してくると肌の水分まで蒸発してしまうので逆効果です。記載されている時間を守り、正しく使いましょう。

 

喫煙

言うまでもなく、たばこは肌にも悪いです。愛煙家の方はこれが一番きついかもしれません。たばこは血管を収縮させ、血行を悪化させます。血行が悪いと体温が下がり、新陳代謝が低下し、しみくすみの原因となります。さらにたばこはビタミンCを破壊してしまいます。美肌づくりにはビタミンCは必要不可欠です。

まさに百害あって一利無しです。

 

⑦ 夜更かし

深夜番組はおもしろいので、私的にはどちらかというと深夜番組の方がゴールデンタイムだと思ってついつい見てしまいがちですが、よく言われるように、午後10時~午前2時は、成長ホルモンによって肌細胞が再生される「肌のゴールデンタイム」です。
美肌づくりにとって「不規則な生活」はNGです。自分のゴールデンタイムを取るのか、肌のゴールデンタイムを取るのかですね。

このように、普段何気なくやってしまっている行動が、実は肌にとっては大きな負担となってしまっているのです。まずは生活を見直すことが美肌作りへの第一歩かもしれません。

 

コラム

保湿クリームのあり方

保湿クリームは何のために塗るのか。

「化粧水の後に保湿クリームを塗って水分が逃げないよう肌にフタをするため。」こう思っている方も多いのではないでしょうか。あながち間違いではありません。でもただフタをするだけという解釈、フタができれば何でもいいという考え方ではもったいないのです。

なぜかというと、今の保湿クリームというのは美容成分が多く含まれているものが多数存在し、
保湿ができて、プラス、肌に栄養を与えることができるからです。

たとえばセラミドです。もともと肌に存在するセラミドも、年齢とともに減少します。
40~50歳では20代の頃のおよそ半分の量になるといわれています。失ってしまったセラミドは外部から補給してあげるほかないのです。セラミド入りのクリームが人気なのはそのためですね。

また、乾燥肌が原因で敏感肌を招くことが多く、その肌はというと、表面のバリア機能が著しく低下している状態です。バリア機能を失った肌は、水分が蒸発しやすく、また外部刺激を受けやすいため、肌トラブルを引き起こしやすいのです。

さらに「乾燥によるかゆみ」→「かゆみが我慢できず掻く」→「さらにバリア機能の破壊」と、この負のローテーションに陥り、肌状態が良くなることはありません。そしてしっかりと保湿をしなければ改善することもほぼありません。洗顔や化粧水でもしみたり、ヒリヒリしたりするのは、肌のバリア機能が弱っているからです。ヒリヒリするのを我慢して化粧水を塗り続けるのもよくないです。

そんな時は、炎症を起こした肌にも使えて、
プラス美容成分が入った低刺激のクリームがおすすめです。

 

まとめ

日に焼けないようにと、日焼け止めクリームを塗ることだけに集中しがちな夏ですが、日焼け対策はもちろんのこと、日焼けをしたあとは必ず「適切なケア」をしなければいけないということ、夏は意外と「肌を乾燥させてしまっている」ということを念頭に置き、夏の肌ケアを見直してみましょう。

また、普段何気なくやってしまっている行動が、実は肌に「大きな負担をかけてしまっている」ということも忘れず、早期改善のため実践してみましょう。

秋が来る頃にはきっと大きな差となり現れること間違いなしです。

 

今すぐ試す!超低刺激・高保湿クリーム【ROVECTIN】
こちら

ロベクチン|超低刺激・高保湿クリーム

  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 超低刺激・高保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー