夏の肌荒れの原因とは?知って得する、今すぐできる対処法!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日暑い日が続いていますね。夏といえば気になるのが、紫外線エアコンによる冷えなどではないでしょうか。毎年夏になると肌が荒れるという方は、もしかするとこれらが関係しているかもしれません。
 
 

夏の肌荒れの原因

 
1.汗による肌への刺激
 
 
汗をかきたくないと思っても、体温を調節するために必然的に汗をかきます。汗をかくこと自体は悪いことではありません。しかし、かいた汗を放っておくと、汗が蒸発する時にもともと肌表面に存在している水分まで一緒に蒸発してしまいます
一見、肌はベタついているため潤っているように感じますが、肌内部はとても乾燥しているということがよくあります。
 
また、肌は弱酸性の状態に保たれていますが、汗はアルカリ性です。たくさん汗をかくと肌のpH(ペーハー)のバランスが崩れ、雑菌などが繁殖してしまう原因になります。
雑菌もまた肌荒れを起こす原因になってしまうので、汗をかいたらこまめに拭くようにしましょう。
汗を拭く時の注意点
肌は摩擦刺激に弱く、敏感肌の方は特に摩擦や刺激を避けたいところです。ハンドタオルなどで擦るように汗を拭くと、摩擦によって肌を刺激し、肌荒れを引き起こす原因になってしまうことがあります。
女性の場合はメイクをされていることも多いと思うので、肌を擦って汗を拭くことはないかもしれませんが、汗を拭くときはできるだけ柔らかいタオルなどでポンポンと、軽く抑えて拭くようにしましょう。
汗をかくことで起こる肌のかゆみ
汗には塩分やアンモニウム、その他体内から排出される老廃物などの成分も含まれています。
敏感肌の方は特に「汗」自体にアレルギー反応を起こし、かゆみにつながってしまうという場合もあります。
かゆみを感じる場合も無理に掻いたりせず、かゆみを抑えるクリームを塗ったり、保湿による改善を行なっていきましょう。
 
 
2.エアコンによる乾燥
 
 
この時期はオフィスやショップ、電車など、どこへ行ってもエアコンが効いています。とても快適で過ごしやすいのですが、肌にとっては負担がかかっています。それは「乾燥」です。
 
エアコンによって乾燥した室内に長時間いることで、肌の水分量は大きく減少します。さらに体が冷えることで血行不良を引き起こし、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。
ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことで、肌が新しく生まれ変わることを言います。このターンオーバーが乱れると、乾燥の他に「肌のくすみ」「しみ・しわ」「肌荒れ」など、肌にとって大敵と言える問題に拍車をかけてしまうことになります。
 
さらに、エアコンの風を直接浴びたりして体が冷えると、内臓まで冷えてしまい、身体の免疫力が低下します。その結果、「むくみ」「肩こり」「便秘」「下痢」「疲労感」など、肌への影響にとどまらず、身体への影響も出てしまいます。便秘や下痢、つまり腸の異常によって肌荒れに繋がることもありますし、疲労感などから肌荒れに繋がることもあります。
また、エアコンの内部が清潔に保たれていない場合、エアコン内部に潜むカビや雑菌が風に混ざって飛んでしまいます。その風を直接浴びると、肌に雑菌が付着することになり、これまた肌荒れの原因になってしまうこともあります。
 
できる限りエアコンの風は直接浴びないようにし、身体も冷えすぎないように注意しましょう。
エアコンでの肌乾燥を防ぐ方法
 
①加湿器をつける
 
夏に加湿器?と思うかもしれませんが、足りない湿度は別のもので補うしかありません。最近ではオフィスなどの限られたスペースでも使用できる、卓上タイプの加湿器なども多くあります。
必要に応じて加湿器を使用し、肌が乾燥しないように気をつけましょう。
 
 
②エアコンの設定温度を上げる
 
室内の温度が少し上がると、飽和水蒸気量(空気が含むことのできる水分の量)も増えるため、多少の乾燥対策に繋がります。飽和水蒸気量は空気の温度によって異なり、温度が高いほど多くの水分を含むことができるためです。
身体に負担にならない程度で、設定温度を少し上げてみるのも一つです。
 
 
③ミストなどで潤いを補充する
 
乾燥が気になる時に、化粧水ミストなどを使用するのも効果的です。ただし、化粧水ミストを肌に吹きかけたからといって保湿ができるというわけではありません。
化粧水はいわば「水」です。肌に吹きかけたその瞬間は潤いますが、そのまま放っておくと、水分は蒸発します。先ほど汗の蒸発でも記述しましたが、水分は蒸発する時に、肌にもともと存在している水分まで一緒に蒸発し、かえって乾燥を招いてしまいます
化粧水ミストなどを肌に吹きかけたあとは、できれば「フタ」の役目を果たす乳液保湿クリームを塗るようにしましょう。
 
 
④保湿を徹底する
 
夏は肌がベタつきやすいため、冬場に比べてスキンケアを怠りがちになってしまいます。しかし汗やエアコン、紫外線によって、肌はかなりのダメージを受けています。そのため、夏こそ徹底した保湿スキンケアが大切なのです。
洗顔後や入浴後は、たっぷりの化粧水で肌に水分を与え、その後乳液や保湿クリームを塗って、肌内部の水分を保持できるように保湿ケアをしっかり行いましょう。
 
 
3.紫外線による肌刺激
 
 
「日焼け止めを塗らない」「日傘もささない」など、紫外線対策を何もしない状態で紫外線を浴びると、日焼けをしてしまうというのは当然のことですが、肌は紫外線の侵入を自ら防ごうとします。その結果、肌の表面には余分な角質が残った状態になります。
さらに肌のバリア機能が低下し、紫外線や外部刺激が肌に侵入しやすくなり、反対に肌内部の水分は蒸発しやすくなってしまいます。それが乾燥肌へと繋がるのです。
外出する際はできる限り日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりと、紫外線対策を行うようにしましょう。
欲を言えば、室内にいるときでも紫外線対策をするのがおすすめです。外で直接紫外線を浴びるよりはダメージは少ないですが、少なからず窓からも紫外線は侵入するからです。
室内にいる場合でも日焼け止めを使用したり、窓に遮光のフィルムを貼ったり、紫外線対策を行うのがおすすめです。
 
日焼け止めの選びかた
昨今さまざまな日焼け止めが市販されていますが、どの日焼け止めを選べば良いかお悩みではないでしょうか?
日焼け止めに書かれているSPFPA。なんとなく数字が大きい方、+マークが多い方が効き目が良いということぐらいはお分かりかもしれませんが、しっかり理解して選んでいますか?簡単にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。
 
①SPFとPAとは?
 
●SPF
紫外線には、「UV-A(長い波長)」と「UV-B(短い波長)」と「UV-C」があります。
「UV-C」は地表にほとんど届かないため、日焼け対策を行う対象となるのは、「UV-A」と「UV-B」です。
 
UV-Aは、肌の奥深くまで届き、肌を黒くするだけでなく、シワたるみの原因となってしまう紫外線です。UV-Bは、肌表面が赤くなる炎症を起こし、肌を黒くするだけでなく、シミそばかすなどの原因になってしまう紫外線です。
SPFとは、このUV-Bを防御する力を示したもので、SPF1〜50と記され、50以上のものは50+で記されています。
紫外線は、肌に当たってから日焼けをしてしまうまで20分程度と言われています。(個人差はあります)SPFは、紫外線が肌に当たってから日焼けするまでの時間を遅らせることができる目安の数値です。
例えばSPF30であれば、20分×30倍=600分、SPF50であれば、20分×50倍=1,000分遅らせることができるというイメージです。
 
●PA
PAは、UV-Aの防止効果を表す目安の数値で、+、++、+++、++++の4段階に分かれています。
 
  • PA+:効果がある
  • PA++:かなり効果がある
  • PA+++:非常に効果がある
  • PA++++:極めて高い効果がある
 
というふうに分類されます。
 
目的に合わせた日焼け止め選び
 
では、毎日の生活の中で、どの数値の日焼け止めを選べば良いのでしょうか。
 
  • 日常生活:SPF20〜25/PA++程度
  • 屋外:SPF25〜40/PA+++程度
  • 日差しが強い屋外:SPF50/PA+++〜++++程度
  • 特に日差しが強い屋外:SPF50+/PA++++程度
 
ちょっとそこまで買い物に行く場合や、少しの外出であれば、SPF25程度の日焼け止めでOKです。
紫外線が特に強い山や海などレジャーに行く場合は、SPF50以上を使用するのが理想です。とはいえ、行く場所や目的によって日焼け止めを使い分けるのはちょっと面倒ですよね。。最近ではSPF50以上のものでも刺激の少ない日焼け止めもありますので、肌に何ら問題がないのであれば、SPF50以上のものを日常使いしても問題ありません。
紫外線への抵抗力や肌のタイプにもよりますので、一概には言えませんが、ぜひ上記を参考に日焼け止めを選んでみてくださいね。
 
日焼け止め選びに関しては、こちらにも詳しく記載しています!
 
 
いかがでしたでしょうか。夏は心も開放的になり、イベントやレジャーに出かけることも多いと思います。
そんな時に肌荒れが起こっていると、なんだか気分も少し落ちてしまいますよね。夏こそしっかりとした肌ケアを行い、肌荒れ知らずの肌を目指してみてはいかがでしょうか。
 
この夏にどのようなケアを行うかによって、まずは秋の肌でその効果が実感できると思います。
もっと長い目で見ると、今しっかりとケアを行うかどうかが将来的には大きな差となって現れます。
 
ぜひ肌ケアを怠らず、楽しい夏を過ごしてくださいね。
  • 肌に優しい成分|誰にでも手の届く、安全でピュアなスキンケアを。
    心地よい肌は、人生を変える。
  • Skincare for Lifeーロベクチンー

このエントリーをはてなブックマークに追加