夏の保湿で差がつく!

夏は汗をかいてべたついたり、テカりなどが起こりやすいため、肌は潤っているような気がしますが、実は乾燥しやすい季節なのです!

夏の肌が乾燥する主な原因は紫外線冷房による空気の乾燥です。

紫外線がシミやくすみを引き起こす原因となることはよく知られていますが、実は乾燥の大きな原因でもあるのです。紫外線によって肌が傷ついてしまうと、細胞内の水分を保つ成分が減少し、肌の水分量が低下してしまいます。紫外線をわずかに浴びただけでも肌の水分量は少なからず減少します。

水分が少なくなった肌は、防御機能が低下し紫外線をはじき返すことができず、結果、肌内部にダメージを広げて乾燥を悪化させてしまうのです。

次に冷房による乾燥です。冷房が効いた場所で過ごす時間が増えるこれからの時期。冷房によって乾燥した室内にいることで、肌の水分量は大きく減少します。さらに体が冷えることで血行不良を引き起こし、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

化粧水を塗るだけではダメ?

たまに「化粧水を塗っているから保湿は完璧!」という方がいらっしゃいますが、化粧水での肌への水分補給はあくまで一時的なもので、残念ながら肌の水分保持力を高めるという意味での本当の保湿にはなりません。 肌の水分保持力を高める成分をバランスよく与えつつ、肌表面にバリアを作って水分蒸散を防ぐことが大切なため、保湿クリームが必要なのです。


日に焼けないようにと日焼け止めクリームを塗ることだけに集中しがちな夏。
いま一度、夏の肌ケアを見直してみてはいかがでしょうか。
今までをリペアし、これからのダメージを防ぐ。
秋が来る頃にはきっと大きな差となり現れること間違いなしです!