敏感肌のスキンケア《 3大原則! 》

化粧品を使用したあと肌に発疹などのようなトラブルがよく起きる肌タイプを敏感性肌と言います。

敏感性肌の場合、化粧品を使った時、肌がヒリヒリ熱く感じたり、赤くなったり、かゆみが誘発されます。

敏感な肌は刺激にすぐ反応してしまうので、肌に刺激を与える要素に気を付けるのが最善の方法です。

肌に刺激を与える要素は大きく環境的要因、製品、そして日常的接触で分けることができます。

・紫外線

・風

・寒気

・汚染

・湿度

・熱気

などが環境的に肌に刺激を与える要因です。

また、元気な肌のために使う製品がむしろ肌と合わずお肌のバリア機能を損なわせてしまい肌に強い刺激を与えて副作用を起こす場合もあります。その他、着ている服の布、シャワーを頻繁に浴びる習慣や顔を触ってしまう習慣も肌を刺激する主な要因です。

特に顔肌の敏感な方々が痛みやかゆみを感じて顔に触ってしまうのうは、肌をもっと刺激して悪化させてしまう主な原因になります。

敏感肌の場合、化粧品でお肌を改善する方法よりも、肌の自分の健康状態を維持するようにする方法をお勧めします。敏感肌の原因は、皮膚の最も表面にある角質層、皮膚のバリアに問題があることが多いのです。皮膚のバリア機能が正常化され、皮膚の保護膜が形成されることが重要です。そのためには、3つの原則、保湿剤、クレンジング、日焼け止めに集中する必要があります。

皮膚のバリア機能を回復するためには、刺激の少ないでロベクチンプレミアムクリームで肌を落ち着かせ、肌のバリア機能に役立つ栄養物質を供給する必要があります。美白、老化防止などの機能は、まず皮膚のバリア機能が回復した後にしましょう。基礎工事が正しくされていない状態で無理に建物を建てると手抜き工事をもたらすようになるよう、肌も基礎を固めている肌のバリア層を丈夫にすることが最も重要であり、ロベクチンは、これに必要な栄養と成分を十分にお肌に届けます(※角層まで)。

敏感肌の回復のために、皮膚の保湿に適したクレンジングと日焼け止めを使用することが重要です。クレンジングは、中性または(pH 7.0)弱酸性である(pH 5.0〜6.0)の製品を選ぶことをお勧めします。皮膚は、一般的にpH 5.5程度の酸性度を維持するため、アルカリ性が強すぎるクレンジングは、皮膚のバランスを崩してしまったりします。

日焼け止めは、紫外線A、B、赤外線をブロックする機能を持つ製品がお勧めです。製品ごとに性能差が少しずつあるので、肌に合う日焼け止めを見つけることが優先です。

敏感肌を持つ人は、化粧品を購入する上で、腕など体の一部でテストすることをお勧め致します。低刺激で作られた化粧品であっても、個人の肌の状況に応じてどうしても合うものと合わないものがあるからです。また、インターネットやTVでいいなというスキンケア方法にむやみに従ってはいけません。自分の肌に合った方法を専門家に相談し着実に維持することが敏感肌を管理するための最も基本的なヒントです。

ロベクチンは刺激に敏感なデリケートなお肌を効果的に落ち着かせるために開発されました。敏感な肌を持った多くの方がロベクチンを使用しながら、肌に起因する不快感が減ったと述べています。ロベクチンは刺激を最小限に抑えるための絶え間ない努力の末に誕生した製品です。

sp-ban.jpg
  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 低刺激・超高保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー
rov-cr50-osb.jpg