低刺激保湿クリームをおすすめするワケ

寒い季節は乾燥するというのはよく分かります。しかし夏場などは汗もかくので肌がべたついて乾燥しているとは感じにくいものです。
実際の所は一年を通して肌は乾燥する傾向にあります。寒い季節は湿度も低く空気は乾いているのですぐ実感できます。顔だけでなく手や足もカサカサして粉をふいたようになったりかゆみが出たりします


エアコンの効いた室内にいる事でも肌は乾きます。また、冬はあまり汗をかかない分、水分補給を忘れがちですが、実は身体は乾いていて水分不足に陥り易いのです。身体が渇いているという事は肌も同様に乾いているのです

紫外線といえばやはり夏のイメージがあります。実際夏はとても紫外線が強いですが、冬でももちろん紫外線はあります。エアコンは冬だけでなく夏にも使用します。
四季があるため、外の環境は季節ごとに大きく変わりますが、要はどんな季節でも肌を乾燥させる条件はあるという事です
そんな乾燥から肌を守るには、まず保湿をする事です。水分と油分のバランスが整う事で潤った肌になりますので、化粧水とクリームなどでお手入れが必要です。しっかりと化粧水で潤した後にクリームで蓋をするのが基本的なスキンケアです。いまどきの保湿クリームは肌を潤す力が優れているので、化粧水に蓋をするだけではなく保湿成分を肌にしっかりと届ける事ができます。乾燥が進んだ肌にはとても有効です。
乾燥肌になっている時は肌が敏感になっています。少し髪が肌に触れただけでもかゆくなってしまう事もあります。また化粧水などがしみる事もあります。無理をして使い続けるとかぶれてしまったり吹き出物が出たりと悪化します。ひどい場合は皮膚科で見てもらうようにしましょう。そして何より肌が敏感になっている方は低刺激の保湿クリームを使う事をお薦めします。
インターネットで低刺激の保湿クリームなどと検索すると商品がたくさん出てきます。敏感肌でも使える化粧品は数多くあります。商品の特徴や評判を参考にして自分に合いそうな物を選んで使うと良いでしょう。

お手入れは顔だけではありません。顔が乾燥して敏感になっている時は身体も肌の状態が安定していない時です。低刺激で肌に優しいクリームを身体にも塗ってあげる事を忘れないようにしましょう。入浴後、さっと体を拭いてすぐに保湿クリームを塗ると効果的です。

毎日低刺激の保湿クリームを上手く使って「乾燥肌」から「潤い肌」を目指したいものです。

sp-ban.jpg
  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 低刺激・超高保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー
rov-cr50-osb.jpg