アトピー性皮膚炎の解明に大きな進歩!保湿でアトピー予防!

保湿ケア

rv-ft-atp-bl

2016年4月26日に日本の理化学研究所(理研)総合生命科学研究センターらが、マウスを使った実験によりアトピー性皮膚炎の発症のメカニズムを解明し、発症の予防方法を発見しました。

発表によると、アトピー性皮膚炎は遺伝要因と環境要因の複合によって発症すると考えられていますが、その「遺伝要因」を明らかにするために行われました。

実験は下記の条件で行われました。

  • 1.アトピー性皮膚炎の遺伝要因を明らかにするため、マウスに「化学変異原(アトピーの原因になりうる物質)」を与える。
  • 2.「化学変異原」を与えられたマウスの中から、掻いたり擦ったりする掻破(そうは)行動の強い皮膚炎を発症するマウスを選ぶ。
  • 3.清潔な環境で飼育を行う。

この条件の下で飼育されたマウスは、生後8~10週間でアトピー性皮膚炎を発症しました。

これらのマウスから、病気の原因となる遺伝子変異を調べたところ、「JAK1」と呼ばれる分子の遺伝子配列に点突変異(※化学物質などを使って、ゲノム遺伝子上に誘発するランダムな1塩基の変異。)が生じていました。この変異によって、角質による「皮膚バリア」に機能障害が起こっていることも分かりました。

そして、このマウスの皮膚に「JAK阻害因子」を塗ったところ、プロテアーゼの発現は抑制され、アトピー性皮膚炎の発症を遅らせることができました。軟膏基質として使われるワセリン(※)を塗ることでも、発症の予防ができました。このとき、皮膚バリア機能も正常と同等に保たれるだけでなく、真皮(表皮の下にある線維性結合組織)の炎症発生も抑制されることが明らかとなりました。

ヒトのアトピー性皮膚炎でも同じことが起こっているのかどうかを調べるために、アトピー性皮膚炎の患者の皮膚組織を調べたところ、6例中4例の表皮細胞でJAK1が活性化していることを発見しました。

ヒトにおいてアトピー性皮膚炎患者は、発症後にならないと診断がつきませんが、未発症の皮膚でJAK1を含む信号伝達経路の活性化が起こっている場合、アトピー性皮膚炎を発症する可能性のあること、ワセリン(※)を塗ることで発症が予防できる可能性が示されました。また、今回作製したマウスを用いることによって、アトピー性皮膚炎発症に関わる複数の要因を分子レベル、細胞レベルで明らかにし、それぞれのターゲットを決めた発症予防法や治療法の確立が期待できます。

※ワセリンが使用された背景
アトピー性皮膚炎の遺伝的な背景因子とされる皮膚バリア機能の低下があるか調べたところ、この実験のマウスではアトピー性皮膚炎発症の数週間前から皮膚バリア機能が低下していることが明らかになったため、この実験のマウスのアトピー性皮膚炎発症の原因は皮膚バリア機能の低下にあると考えられ、それを改善する目的でアトピー性皮膚炎が発症する4週間前からワセリンを1日おきに塗布した。すると、ワセリン塗布により2カ月以上にわたってアトピー性皮膚炎発症を予防することができた。
ワセリンを塗った皮膚ではバリア機能が改善しているだけでなく、アトピー性皮膚炎発症前の真皮に炎症細胞が集まるのを防いでいることも明らかになりました。

ワセリンは角質層へほとんど浸透せず、表面にとどまり皮膚を刺激する物質の侵入を防ぐため角質層を保護します。保湿クリームの場合、界面活性剤が配合されている物もあり、角質層を壊してしまう可能性があるため効果が明確なワセリンが使用されたのではと考えられます。

今後のアトピー性皮膚炎治療への期待

今回の実験だけでは、ヒトの場合は「JAK1」に同じ変異が起きていて、かつ、同じ環境に住んでいながら発症するヒトと発症しないヒトが存在することもあり、原因が、皮膚の問題なのか、免疫の問題なのか、遺伝的な問題なのか、環境の問題なのか、引き続き複数の要因が考えられ、解決までにはいたりません。特にアトピー性皮膚炎を発症前の状態の皮膚の状態を継続的に研究することは難しく、困難な道ではありますが、肌のバリア機能を保護(保湿)するといった環境変化によって、発症が予防できるという結果が示された点や、遺伝的な発症素因を持つ個体が未病(発症していない状態)の時に何が起こっているのかを観察する事が可能となり、今後、アトピー性皮膚炎発症に関わる複数の要因を分子レベル、細胞レベルで明らかにし、明らかになったターゲットを決めた発症予防法や治療法の確立が期待できます。

また、旧来から言われていたように、アトピー性皮膚炎の予防・改善には「肌のバリア機能の改善・向上・正しい保湿ケア」が重要な要素であるという事が裏付けられたことも、アトピー性皮膚炎で苦しまれている方にとっては、とても大きな前進です。

rv-ft-atp-bl

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは、

・乾燥
・鱗屑(りんせつ) フケのようなカサカサしたものが肌から落ちる
・紅斑(こうはん) 赤い腫れ
・丘疹(きゅうしん) ぶつぶつした小さなドームの形の盛り上がり
・痂皮(かひ) 掻きむしった後にできるかさぶた
・びらん 皮膚の浅い部分が剥がれて、じくじくとただれた状態
・苔癬化(たいせんか) くりかえし掻きむしることで、皮膚がゴワゴワと厚く硬くなってしまった状態

このような症状が皮膚に現れます。身体の左右対称に現れることが多く、年齢によって症状がでる部分に違いがあることが多い。
乳児の場合は、主に頬や額、酷くなると胸・背中、手足に広がることもあります。
もう少し大きくなったお子様は、首の周り・ひじの内側、ひざの裏側など関節の内側にできやすくなります。
大人は、顔・首・胸・背中など手が届き繰り返し掻きむしってしまう部分に症状が重めの湿疹がでやすいケースが多い。

アトピー性皮膚炎の原因

今回の理研の実験により、原因解明に光がさしてきたアトピー性皮膚炎。
ですが、ヒトにおいては、まだまだ「はっきりとした原因」はわかっていません、旧来から考えられているのが、
遺伝による体質・欧米化した食生・不規則な生活・ダニやハウスダストなどの環境因子、掻くことや、服などの擦れによる物理的な刺激などヒトによって原因が異なります。また、食べ物も関係してくることがあります。

ただ、アトピー性皮膚炎になってしまっている方の多くに共通するのが、皮脂の分泌量が極端に少なくっており、角質層の水分を保つ力が弱い状態になっています。そのため、皮膚が乾燥しやすいだけではなくバリア機能が低下しているため外からの刺激にとても弱くなっています。

アトピー性皮膚炎のお肌のケア

アトピー性皮膚炎といっても、その症状には軽いものから重いものまであり、お肌の状態によってケアの方法は変わってきます。
そのため、アトピー性皮膚炎の方はまず、自分のアトピーがどの程度の状態なのかを知る必要があります。
アトピー性皮膚炎の程度を分ける目安は4段階あります。

■軽症
面積にかかわらず皮膚炎が軽度の場合。環境や体調・体質の変化で軽い症状が現れたり、生活改善ですぐに症状が治まることがあります。

■中等症
強い炎症や赤みをともなう発疹、皮膚が硬くなっている状態が全身の皮膚の10%未満の場合。かゆみによる睡眠障害やかきむしってしまうことで悪化してしまうこともあります。症状が見た目にもわかるくらい出るので、精神的にも不安を抱えてしまいます。

■重症
強い炎症が全身の10%以上30%未満の場合。中等症よりも症状がひどく、日常生活における精神的な影響も大きくなります。

■最重症
強い炎症が全身の30%以上の場合
この分類は治療の方法を決めるために用いられており、その際使用する薬も変わってきます。また、最重症は場合によっては、入院しステロイドの点滴・内服薬を行うこともありえます。

お肌の状態別スキンケア方法

■軽い乾燥がある肌
引っ搔き傷などがなく、軽い乾燥肌の場合はローションなどを使用ししっかりと水分を与えます。その後、保湿クリームでしっかりと保湿を行う(保湿クリームは界面活性剤を使用していない物で、お肌のバリア機能をサポートする物が最適)保湿ケアをしてからの乾燥が早いと感じる場合は、クリームか液状のオイルに変更してみるのもオススメです。

■傷・炎症、ひび割れは無いけど、かなり乾燥する肌
ローションで十分に水分を与え、保湿クリームで保湿。その後、固形オイルのクリームを使って水分の蒸発を防ぎます。

■乾燥が強く、傷・炎症、ひび割れがある肌
お肌をゴシゴシと強く洗いすぎてはダメです。優しく洗い、その後、ローションで水分を与え液状オイルの保湿ケアを行ってみましょう。

※あまりにも酷く、何をしてもしみて痛い場合があります。その時は迷わず病院で診察を受けましょう。

アトピー性皮膚炎での受診

アトピー性皮膚炎で受診をすることをためらう方がいらっしゃいます。
その、理由は「ステロイド剤」
この「ステロイド剤」に関して、怖いイメージを抱かれている方がアトピー性皮膚炎での受診をためらう大きな理由のひとつです。

「脱ステロイド」「ステロイド依存」このような言葉を聞いたことがあると思います。
このような言葉が生まれた理由は、どんな薬にでもいえることですが、薬は良い面と悪い面を持っています。ステロイドは、良い面としての効果「炎症を抑える・局所のアレルギー症状を強力に押さえ込む」といった面があまりにも見た目にも体感的にも素晴らし過ぎて、正しく使用しない、用量を守らない、ステロイド剤を使用する意味を間違えている、ことさらに悪い面の副作用を喧伝するといったことから生まれたものだと言われています。

ステロイド剤の代表的な副作用

・皮膚が褐色になってしまう
・色素沈着皮膚の色素が白く抜ける色素退色
・毛細血管の拡張により、顔が赤ら顔になる
・皮膚が薄くなり、小じわが増える
・吸収されたステロイドが酸化して、身体に蓄積していく(※局所的に使用する外用剤では考えられないと多くの医師が見解を出している)

このような、副作用があることは医師・薬剤師はきっちりと把握しています。それでも、ステロイド剤を使用する理由は「今、おきている肌の炎症」を抑える事が、アトピー性皮膚炎の治療のスタート地点だと考えるからです。

アトピー性皮膚炎は、発症の原因が複合的ではっきりとした原因がわからないため、考えられる原因となっている物・事を取り除いて行く必要があるので、薬を出して終わりではありません。その中で、今、肌の炎症やかゆみに苦しみ、ストレスを感じている時は、まず今の炎症を抑える必要があります、その為にステロイド剤が非常に有効であるため、医師はステロイド剤を使用します。

いったん、ステロイド剤で炎症を抑え落ち着いたところで、いろいろな原因を探し考え改善していきます。

なので、ステロイド剤をアトピー性皮膚炎が「治る薬り」と思ってしまうと、勘違いがおきて用法・用量を誤りどんどん強いステロイド剤が欲しくなったり、塗るのをやめれなくなってしまい、まさにステロイド依存と呼ばれる状態になってしまいます。

あくまでステロイド剤は「今ある炎症を抑える薬り」だという事を覚えておきましょう。

そして、炎症が落ち着いてきたら考えられる原因を取り除いていき、医師と相談しながらステロイド剤を使わなくても大丈夫な期間をどんどん増やしていき、いずれはステロイド剤なしでも大丈夫な肌を目指しましょう。

今回の理研の実験結果にも出ているように、お肌のバリア機能が弱っているとアトピー性皮膚炎になりやすいので、お肌のバリア機能を高めるためにも、ふだんから保湿ケアをしっかりとしましょう。

特に、アトピー性皮膚炎のお肌の場合は刺激に弱い状態になっているので、なるべく低刺激で界面活性剤を使用せず、お肌のバリア機能をサポートしてくれるセラミドなどが入っている保湿クリームがおすすめです。

あるアトピー治療に力を入れている医師のお話しですが、民間療法と呼ばれる各種のアトピー治療に関してアトピーは原因がはっきりとはしていないし、各個人で原因が異なるため、効くことはあるそうなのです。
特に、その独自のやり方を教えておられる方に効いたのは間違いはないそうです。でも、それは偶然その人に効いただけであって、誰にでも通用はせず、5分の1や6分の1といった確立で効くか効かないかだそうです。つまり5分の4や6分の5の確立で効かないそうです。また、やり方によっては悪化する可能性を含んでいるため、多くの人にはそのような賭けに出ずに、正しくステロイド剤を使用し、お肌の保湿ケアをしっかりと行いバリア機能を高め、原因と考えられるもの取り除いてく正しい治療法を行って欲しいと仰っています。

rv-ft-atp-bl

  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 超低刺激・高保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー
rov-cr50-osb.jpg