「化粧水だけ」では保湿じゃないですよ

「保湿=化粧水を付ける!」

ここがメインだと思ってしまっていませんか?

スキンケアの一般的なやり方としては、化粧水をつけて乳液やクリーム、美容液などを塗るではないかと思います。 たまに、めんどくさかったり急いでいたりで「とりあえず化粧水だけでも、、、」と、化粧水だけで終ってしまうことがありませんか?

それ保湿NGです。

化粧水ってなんのためにあるの?

化粧水は肌に水分を与えたり肌の調子を整えたり柔らかくしたりするというような役割をしています。 化粧水を使うことで角質層を整え、後で使うクリームや美容液などの浸透を良くしてくれたり、肌にそれぞれをムラなく均一に行きわたらせてくれたり、油分を調整してくれたりするという働きがあるのです。

「?、水分を与えてくれるなら、それでいいんじゃないの?」

確かに、「水分は」与えてくれます。

化粧水は、水分を与えてくれますがそれがずっと潤った状態であるのかといえば違います。例えば、お皿などについた水滴はずっと濡れた状態でしょうか?そうです、蒸発してしまいますよね。

肌と化粧水も同じなのです、時間が経つと肌から蒸発してしまうのです。肌から水分が蒸発するとき、もともと肌がもっている水分も一緒に蒸発させられてしまい過乾燥と呼ばれる状態となり乾燥肌を引き起こしてしまう原因になる恐れまであるのです。

これは、たとえ化粧水にコラーゲンやヒアルロン酸などが配合されていても同じで、化粧水の成分の多くは水なのでその効果は一時的なものです。そのためやはり蒸発していってしまいます。

なので「とりあえず化粧水だけ」はNGなのです。

化粧水が蒸発しだす前に、クリームや美容液、オイルなどの保湿効果のあるもの(与えた水分を留まらせておけるアイテム)で閉じ込めてあげる必要があります。

ただ、もともと脂性肌の人は保湿をしすぎると毛穴がつまりニキビが出来やすくなってしまうということがあるので、そういう場合には、一度さっぱりタイプの化粧水だけを試してみると肌の調子がよくなるケースもあります。それでも乾燥を引き起こす可能性があるので、乳液を軽くつけるなど最低限の保湿をすることはおすすめします。

また、脂性肌だと思っていたけど、それが実は肌が乾燥してしまっていて皮脂が過剰に分泌していたというケースもあります。この場合は脂性肌ではなく乾燥肌なので乳液やクリームなどで保湿をしっかりしてあげる必要があります。

ということで、乾燥肌の人はもちろんしっかりと保湿をしてあげることが大切となります。

化粧水だけでスキンケアを終らせてしまうと乾燥をさらに悪化させてしまうことになりかねないので、化粧水のあとはしっかりと乳液やクリームや美容液などの保湿(うるおいを閉じ込める)できるものを使ってスキンケアを完了させるようにしましょう!

化粧水の後は、お肌のバリア機能をセラミドなどでサポート!高機能 保湿クリーム初回お試し!返金保証+送料無料!
今すぐ試したい!高機能保湿クリーム【ロベクチン】はこちら

  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 高機能保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー