美肌の人が共通して実践している「美の法則」

美肌になりたい。そう思ったあなたはまず何から始めますか?
おそらく、、
◯洗顔後や入浴後の肌ケアをしっかりする。
◯日焼けをしすぎない。
◯ビタミンCをしっかり摂る。
こんな感じではないでしょうか?
もちろんこれは美肌を作る上ではとても大切で、必要不可欠なことですが、
普段の生活の中にも美肌を作る上で大切なことが隠れています。
一見、美肌には直接結びつかないようなことも生活の中には溢れています。
今日はその一部をご紹介します。
① 質の高い睡眠
睡眠は美肌と関係があるというのは多くの方が認識されていると思いますが、
一歩上をいくならば「質の高い睡眠」です。
何だよ。質の高い睡眠って。
「ただ寝りゃあ良いんでしょ。」
そう思って、長時間寝れば良いという訳ではありません。
眠り始めてから3時間は美肌を作る成長ホルモンが盛んに分泌されます。ですのでこの間にいかに質の高い睡眠を取れるかです。
そのためには、寝る直前までスマホやパソコンを見たりしないで、優しい灯りの中でリラックスできる空間を演出することが大切です。
Shareotsu!
また、寝る直前にお風呂に入るのは睡眠の妨げになります。
熱いお湯につかることで、交感神経が刺激され、体が覚醒モードになるからです。
入浴は就寝時間の3時間前には済ます、どうしても就寝直前になるのであれば、ぬるめのお湯につかるようにしましょう。
② 運動
普段、パソコン作業等が多く、1日の多くをイスに座って過ごす人は血行不良になりやすいです。
血行不良になると、頭痛肩こり冷えむくみ便秘を引き起こします。
さらに血行不良は、肌のターンオーバー機能を低下させ、ハリツヤを失う原因や、肌トラブルを引き起こす原因にもなります。
日頃体をあまり動かさずにいると、不眠にもなりやすく、不眠からくる肌質の乱れ、さらに不眠のストレスからくる肌質の乱れ等、
運動不足は一見肌への直接的な影響がないようで、実は多くの因果関係が存在するのです。
まずは簡単なウォーキングから始めてみましょう。
③ 食事
栄養の多い食事を摂ることは大切。ということはもちろんお分かりだと思います。
しかしその食事、しっかりと噛んで摂取していますか?
一見、よく噛んで食事をすることが美肌とどう関係があるの?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、実は関係があるのです。
あまり噛まずに食べ物を飲み込むと、消化に時間がかかり、胃腸が疲れてしまいます。
その結果、腸の中が汚れ、肌トラブルへと繋がってしまうのです。
また、便秘がちで腸の中が汚れていると、せっかく取り込んだ栄養素を垂れ流しにしてしまいます。
ですので、便秘を防ぐまたは改善するために、食物繊維や発酵食品を多く摂取し、腸内環境を整えておきましょう。
腸の中を綺麗にしておくと、腸は本来の働きをし、質の良い栄養素をしっかり吸収して全身に届けてくれます。
「睡眠」  「運動」  「食事」
1つが欠けると他にも影響が出たり、影響しそうにないものが実は影響していたり。
あ、それも関係あったんや。全部繋がってくるやん。
しかしすべてがうまく循環すると、自分自身にあらゆるご褒美が還元されます。
私はこれを「EXILE TRIBE」と呼んでいます。
以上、人間ってすごいねのお話を終わります。

セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
低刺激・超高保湿クリーム&ローション
Skincare for lifeーロベクチンー