乾燥肌の人のボディソープと保湿クリームの選び方

乾燥肌というのは秋冬に特に多くなる悩みですが、人によっては一年中乾燥肌に悩まされることもあります。その主な原因は皮脂分泌量の低下や、角質内の水分が不足していることにあります。
そこで有効になるのが、ボディソープと保湿クリームの選び方です。


特に入浴後に使う保湿クリームは重要です。というのも、身体を洗うと汚れと一緒にどうしても肌の保湿成分も落としてしまうので、入浴後はさらに刺激に弱くなってしまっているからです。ですのでボディソープを選ぶ時には、それが乾燥肌の人向きの低刺激のものであるかどうかをしっかり確認すると良いですね。
アルカリ性のものは洗浄力が強いとされていますが、これは肌への刺激も強いので、アミノ酸系やグルコシド系といったものを選ぶのがおすすめです。

商品のパッケージにも乾燥肌向け低刺激といったうたい文句が書かれている場合がありますが、自分の肌に合う低刺激成分を頭にいれておいて、きちんと成分表示を確認するのが良いです。
また、乾燥肌向けのボディソープにはうるおい成分が配合されているものがあります。こういったうるおい成分が配合されているボディソープは保湿効果があるので、肌へのダメージを和らげてくれます。

しかしせっかく良いボディソープを選んでも、洗い方で肌にダメージを与えていては乾燥肌は改善しにくくなってしまいます。身体を洗う時にはあまりタオルやブラシを使わず、充分に泡立てたボディソープを使用し、手のひらでやさしく洗うようにすると良いです。手のひらで大丈夫なの?と不安に思われるかもしれませんが、実際には手のひらで充分に汚れを落とすことができます。手の届かない範囲には、できるだけ肌に刺激の少ないやわらかい素材のタオルを使用するのが良いです。

また、特に乾燥が気になる箇所に関しては、必ずしも毎日洗うのではなく、数日に1度というふうに頻度を減らすと良いでしょう。汚れが少ない場所であれば、毎日ボディソープを使わなくても、普段はお湯で流して数日に一度だけボディソープで洗うという方法でも充分に清潔を保つことができます。

そしてお風呂から上がった後には保湿クリームを充分に使用し、入浴時に落ちてしまった保湿成分をしっかりと補充するようにします。こうすることで刺激に敏感になった肌を守ることができるのです。保湿クリームにも乾燥肌用の低刺激のものがあるので、できればそういった刺激の少ないものを選ぶのが良いですね。

お風呂に入るのは体と心の疲れを癒す大切な時間ですが、肌が弱っている人は肌にダメージを受けてしまうことがあります。ですがこのダメージは身体の洗い方やお風呂の温度など、手軽にできる改善で十分フォローすることができます。

sp-ban.jpg
  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 低刺激・超高保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー
rov-cr50-osb.jpg