乾燥肌向けの低刺激の保湿クリームについて

乾燥肌に悩む方は、日頃から低刺激のスキンケアアイテムを使用するのがポイントです。刺激の強い商品は様々な肌トラブルを誘発する危険があるため、乾燥肌の方には適さないと言えます。乾燥肌は概して刺激に敏感です。乾燥によって肌のバリア機能が低下するため、ダメージを受けやすくなっています。


角質がめくれた状態になると、細菌感染も起こしやすくなるというのも問題です。このような性質を持つ乾燥肌の方の場合は、できる限り保湿を徹底することが必要です。低刺激の保湿クリームなどを利用して、刺激に負けないバリアを保つことが求められます。

実際「低刺激」を謳う乾燥肌用の保湿クリームは数多く販売されています。これらの商品は、敏感肌などを対象とした低刺激のスキンケアシリーズの中に組み込まれているのが一般的です。添加物が抑えられているのが特徴で、ノンコメド処方の商品が多く見られます。中には皮膚科医によるチェックが行なわれている商品があるというのも、最近の低刺激のスキンケアアイテムの傾向です。このようなシリーズでは、保湿用のアイテムにクリームが多いのが特徴となっています。ノーマル肌よりもしっかりと保湿をする必要があるため、ミルクやジェルよりも保湿クリームを選ぶのがベストです。

乾燥しやすい気候の欧米では、保湿は主にクリームで行なわれています。皮膚にのせるそばから乾いていくような、ただ単に水分の多いスキンケアアイテムよりも、こっくりとしたリッチ感のある商品が好まれるのが一つの傾向です。現在ではこのような欧米の乾燥肌向けのブランドが日本にも輸入されるようになっており、乾燥肌や敏感肌の方には特におすすめと考えられます。日本製の保湿クリームに比べて、よりしっとり感が得られる点が海外ブランド商品のメリットです。低刺激処方であることがほとんどであり、アレルギー体質の方でも問題なく使用できるのが大きな魅力です。こういった商品も選択肢の一つです。

乾燥肌対策の保湿クリームは、配合されている成分にも特徴があります。一般的にはセラミドヒアルロン酸などが多く、肌の水分量を高めることが一つの目的です。肌に十分な水分が保たれていれば、天然のバリアとしてあらゆる刺激から肌を守ってくれます。こういったバリアの形成をサポートするのが、保湿クリームです。

保湿クリームは意外に使用感が重要となってきます。保湿効果があっても使用後にべたつきが残るようであれば、他の商品に変えることも一つの方法です
低刺激にこだわる方は、無香や微香性の保湿クリームを選ぶと余計な刺激を受けずに毎日のケアが進められます。保湿はスキンケアの基本です。従って、使用するスキンケアアイテムにこだわることが美肌を保つ秘訣なのです。

ロベクチン|超低刺激・高保湿クリーム

  • セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
  • 皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
  • 超低刺激・高保湿クリーム&ローション
  • Skincare for lifeーロベクチンー
rov-cr50-osb.jpg