無人島に好きなものを1つだけ持っていけるとしたら

セラミドですよね。
セラミドが重要なことは前回の記事に書きましたが、
もう少し紹介したいと思います。
まず、肌の一番外側には「角質層」という層があります。
角質層は主に「バリア機能」「水分保持」の役割を担っています。
簡単に言うと、外部の刺激から肌を守り、
内部の水分が蒸発しないように働いています。
角質層はよく「ラップ」に例えられます。
俺の行く末密かに暗示する人Honey。これはDA PUMPの有名なラップ。ちがいますね。チェケラー
しかし、不十分なスキンケアや年齢などによってセラミドが不足、減少していくと、本来守ってくれるはずの外部刺激から肌を守ることができなくなり、また、内部の水分は蒸発していき、もはや無法地帯。乾燥を引き起こしたり、少しの刺激(髪の毛が触れたり、化粧水を塗ったり)でもヒリヒリしたりして、敏感肌を招いてしまうのです。
私たちの肌を守ってくれている保湿成分は、
「皮脂」 「NMF(天然保湿因子)」 「セラミド」
があり、その中でも半分以上を占めているのがセラミドです。
ですので、乾燥肌や敏感肌、肌荒れ等には水分や美容成分を補給してあげるのももちろんですが、「セラミド」を補給してあげることで改善することができるのです。
年齢とともに減少し、また再生することができないセラミド。
そのため、外部から肌へしっかり補ってあげることが大切なのです。

セラミドをはじめ多彩な美容成分配合
皮膚バリア機能を強化し、潤い閉じ込め長時間持続
低刺激・超高保湿クリーム&ローション
Skincare for lifeーロベクチンー

rov-cr50-osb.jpg